バイオリン教室 ソウルアロー

レッスンのお問い合わせ
0120-998-403 ‣お問い合わせ

すべての記事

「へ長調音階、トルコ行進曲(ベートーヴェン)、メヌエッ ト(オペラ「ドン・ジョバンニ」より)、マジャールの踊 りのレッスン」新宿教室2023-1-21-no0022-1061

トルコ行進曲では、スラースタッカートで弓の進む方向に少し上げて弾いていただくと軽さが出てきます。 十六分音符は移弦と運指のスピードも関わってきますのでどちらもバランスよく意識できると良いです。 メヌエットではテヌートスラ […]

「へ長調音階、トルコ行進曲(ベートーヴェン)、メヌエッ ト(オペラ「ドン・ジョバンニ」より)のレッスン」新宿 教室2023-1-14-no0022-1061

トルコ行進曲ではアップ弓のスタッカートや八分音符のスタッカートで前のめりになられてしまうと早くなられてしまいますので、しっかり弾いてください。 速さは今以上は速くされなくて大丈夫です。 十六分音符はスラーとスラーではない […]

「左手の運指のためのエクササイズ、」境町教室2023-01-14-­no0023-­10 65

本日から基礎的な運指のためにカイザーというバイオリンのエチュードの第4曲目にチャレンジしていただきました。1、3、1、3、2、4、2、4、というように指をバタつかせる音形になっており、指力の強化に役立ち、思い通りに指をコ […]

「へ長調音階、きよしこの夜、トルコ行進曲(ベートーヴ ェン)、メヌエット(オペラ「ドン・ジョバンニ」より)の レッスン」新宿教室2022-12-25-no0022-1061

きよしこの夜では最後の重音はG線に比重を置いていただくと弾きやすいです。 重音を練習される際に比重を置く音のみの単音で弾いていただくと重音にした時にも綺麗に音が出しやすくなります。 D線のmfの部分はしっかりと音が出せて […]

「いつも何度でも、ジングルベル、」境町教室2022-12-24-­no0023-­1065

引き続き「いつも何度でも」の演奏計画を生徒さんと共作していくレッスンを行いつつ、本日はクリスマスイブということで急遽「ジングルベル」を演奏していただきました。「いつも何度でも」はボーイングはほぼ決定しておりますので、仕上 […]

「へ長調音階、きよしこの夜、トルコ行進曲(ベートーヴ ェン)のレッスン」新宿教室2022-12-11-no0022-1061

 音階では運弓の終わりでスピードが早まってしまうと次の音が切れやすくなりますので後半の方を少しゆっくり使っていただくと丁寧になり繋がりやすくなります。 きよしこの夜はフレーズ感が短いと曲のゆったりとした雰囲気が出にくく […]

「運指を付けてレとラの線の運弓、1・2の指の運指(レ の線) のレッスン」新宿教室2022-11-21-no0022-1060

 レの線はしっかりした音が出てきました。 アップ弓から戻ってきた際に弓が外側の斜めになられてしまうのでご自身から見られて少し斜めぐらいの所で駒と弓が平行になります。 ご自身からは真っ直ぐ見えない見え方の違いを覚えていた […]

「へ長調音階、きよしこの夜、トルコ行進曲(ベートーヴ ェン)のレッスン」新宿教室2022-7-27-no0022-1061

音階では最初の音が1の指ではない為1から来た音だと意識されると音程が安定してきます。 弓の毛が少し外側に向かれてしまうので自分側に傾ける意識でお願いいたします。 きよしこの夜ではPを意識されると音が掠れてしまいそうでした […]

「運指を付けてレとラの線の運弓、1・2の指の運指(レ の線、ラの線) のレッスン」新宿教室2022-11-14-no0022-1060

運指はしっかり押さえられていました。 運弓が半円の動きが出てしまうので鏡を見て練習をお願いいたします。 弓の持ち方で右手首が反ってしまわれるので、肘と手首が直線になるように運弓の際に手首も見てみてください。 弦に弓の毛が […]

「音楽雑談を通した演奏表現のお話、ビブラート体験、」境町教室 2022-10-29-­no0023-­1065

本日はお好みの音楽を聴きながらどのようにバイオリンで演奏するかというテーマでの音楽雑談を通し、人が歌うニュアンスをバイオリンで表現する演奏法としてビブラートについてふれさせていただきました。その他歌声の情報をもとにどのよ […]

「メヌエット第3番の仕上げ、ゆかいにあるけば、」境町教室2022-0 9-24-­no0023-­1065

[category 田島澄人先生のレッスンノート]レッスンお疲れ様です。本日はメヌエット第3番の仕上げと、新たに「ゆかいにあるけば」にチャレンジしていただきました。ポジションマークのシールがないにもかかわらずしっかりと演 […]